喜多方ラーメン坂内は熟成多加水麺と麺が見えないほど乗ったチャーシューが特徴

喜多方ラーメンと言えば坂内食堂、ラーメン好きの筆者も今まで何度も坂内食堂へ行く為だけに喜多方へ行こうと考えたことがあります。しかし筆者は奈良県在住、喜多方なんてとてもじゃないけどなかなか行ける距離じゃないし交通費も往復4万円ほどかかる。そこまでして食べたいかと自問自答すると「NO!」という答えが…しかし、どうやら京都駅で坂内食堂のラーメンが食べられるらしい。京都駅で食べられるのなら話は変わる。奈良から1時間ぐらいで行ける距離だし休みの日食べたいと思えばすぐ行ける距離である。なので、先日休日を利用して行ってきたぞ。

念の為言っておくと…

喜多方ラーメン坂内は坂内食堂の創業者から坂内食堂のラーメンの作り方を学び出店されているものであり、坂内食堂とほぼほぼ同じだとは思うが全く同じでは無いかも知れないので注意してくれ。

▼これが名物の焼豚ラーメンだ

言うまでも無くこの麺が見えないほど乗っているチャーシューが特徴の一つである。

▼名物の手作りとろ旨焼豚

こんなにチャーシューが乗っていると胃がもたれそうなものだが、なぜかここのチャーシューはこの量でも全然食べられる柔らかさとあっさりした旨味を持っている。

▼名物の熟成多加水麺

中太の平打ち縮れ麺があっさりした豚骨の旨味だけを抽出した美味い美味いスープを口元まで持ってきてくれる。

チャーシューも良いが筆者は何よりもこの店の麺が好きだ。

▼メンマも入ってます

▼餃子も注文したよ

餃子はキャベツ多めで中身が少々ねっとりしていた。味も微妙でオススメ出来ない。

▼麦茶がめちゃくちゃ美味い

無くなるたび店員さんが何度もコップに注いでくれる冷たいこの麦茶がラーメンとの相性抜群でめちゃくちゃ美味かった。

この麦茶だけ売ってたら喜んで買う。

 

機会があれば喜多方の坂内食堂まで足を運んでみたいと思う。

ご馳走さまでした!

今回訪れたお店

喜多方ラーメン坂内 京都店

京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町901 京都駅ビル10F 京都拉麺小路内

電話番号 075-365-5070

営業時間 11:00~22:00

ABOUTこの記事をかいた人

台湾好きの僕(日本人)×やる気ないけどお金持ちになりたい彼女の小梅(台湾人)の二人三脚で運営してます。日本語 × 中国語(繁)の二言語で様々なニュースを世界中にいるこのサイトを識字可能な約20億人に向け発信中。※中文翻譯:還在就學貸款地獄中努力還債的小台勞