ほぼキャッシュレス派の方へオススメのBellroyカードポケットウォレット

日本は海外に比べ災害が多いことが原因だったりするのかキャッシュレス化が海外に比べかなり遅れをとっている国です。中国で終わりかけのQRコード決済がつい最近日本で乱立し少々流行り出したりと遅れつつもキャッシュレス化が進んでいる日本ですが、そんな社会になってきて困るのが財布選び。

クレジットカード、ICカード、QRコード決済、iD、QUICPay、Edy等支払い方法は様々ですが、どれもコレだけ持ってれば大丈夫!という決定的なものが無い。

筆者もほぼキャッシュレス化しているがやはり現金を持たずに外に出るのは難しい国だなと。

行き先が決まっていて現金使うことが無いと分かっていても災害が起き停電になったら…と思うとやはり現金は欠かせない。

だから完全キャッシュレス化が出来ずほぼキャッシュレス化となってしまう。

そんなほぼキャッシュレス派の方へ自信持ってオススメできる財布を見つけたのでご紹介する。

オーストラリアの会社「Bellroy」の財布である。

▼フクロウのマークが印象的

▼包装も可愛い

▼コレがBellroyカードポケットだ

▼中身はこんな感じ

▼深めのポケット1つ

▼浅めのポケット1つと右下にある小さな切り取り線みたいなのがSIMカードポケット

▼免許証を上に乗せてみると小ささが伝わるかと思います

▼お札を半分にした状態で並べて見るとこんな感じ

▼お札は3つ折りにして浅めのポケットに収納しましょう

▼お札を出してお釣りがでたら深い方のポケットへ

▼そしてカード4~6枚を真ん中へ

▼この状態でチャックしめると膨らんだりもせずスタイリッシュに

▼普通の2つ折り財布と比べて見てもかなり小さめ

使い方としては、

お札数枚カード4~6枚を収納した状態で外出し、なるべくお札は使わない方向で行くが現金しか使えないところに行ってしまった場合にはお札を出しお釣りを深めのポケットしまう。

そして深めのポケットに硬貨が溜まってもそこから硬貨を出して使おうとはせず週に1回ぐらいATMに硬貨を投入し預金する。

コレがこの財布の理想的な使い方かなというのが数週間使ってみての感想です。

キャッシュレス派の人がよく使う有名な財布の1つとしてabrAsus小さい財布というものがあるが、カードの収納枚数、カードを少数入れてもカードが落ちる心配が無いことを考慮すると小さい財布より優秀だと思う。

ズボンのポケットにも軽々入る大きさだし軽いし、でもお札も小銭も入るし、2つ目の財布としてもOKだし価格も8,000円ぐらいだし最高でしょこの財布。

これからはabrAsusじゃなくBellroyの時代だ。

ABOUTこの記事をかいた人

台湾好きの僕(日本人)×やる気ないけどお金持ちになりたい彼女の小梅(台湾人)の二人三脚で運営してます。日本語 × 中国語(繁)の二言語で様々なニュースを世界中にいるこのサイトを識字可能な約20億人に向け発信中。※中文翻譯:還在就學貸款地獄中努力還債的小台勞