ミス奈良の新名称「NARA CITY コンシェルジュ」について思うこと

それは突然のことだった…

奈良のことに詳しい友人から、

「ミス奈良がNARA CITY コンシェルジュになったよwww」

と聞いてビックリ。

観光協会のホームページを見ても確かに変更されていた。

普段そんなに奈良のことに興味は無いのだが奈良市民としてこれは聞き捨てならんなと思った理由を書いていく。

新名称が決まるまでの流れ

(あくまで噂だが…個人的には結構信憑度高めの情報だと思う)

  1. 市議会議員が役所に「ミス奈良の名称を変えるべき」等の発言
  2. 役所が「市議会議員に言われたんじゃしょうがないな…」と渋々新名称変更に向け動き出す
  3. 担当は観光協会なので役所が観光協会に依頼
  4. 観光案内所にて新名称を一般市民から募集(←これは僕も実際に見た)
  5. 募集された名前の中から新名称を協議(もしかすると最初から新名称が決まっていたが募集という体にした可能性も)
  6. 新名称「NARA CITY コンシェルジュ」に決定

ミス奈良以上の名称は無いでしょ

基本的に役所系の人間は自分の仕事が増えるような余計なことはまずしようとはしないので「市議会議員から何か言われたから」と言うのはマジだと思う。

とはいえミス奈良以上に分かりやすい名前は無いだろう。

ミス奈良の活動内容として他県に行ってイベントブース等で奈良の魅力を紹介するというのがある訳だが、そこで「NARA CITY コンシェルジュです!」と自己紹介しても他県の方はどう思うだろうか?

「NARA CITY コンシェルジュ?何それ?」

ってなることだろう。

自己紹介をしても何者なのか分かってもらえないなんて最悪だ。

そもそも「NARA CITY コンシェルジュ」ってなんだよ。

「NARA CITY」は英語で、「コンシェルジュ」はフランス語だし統一性も無い。

統一性も無い上に全く伝わらない新名称。そんなものは要らねぇ。

それにそんな訳の分からない名前を決める為に余計な税金が使われているのだ。

奈良市民としては怒りしかない。

当事者である某市議会議員の私費でやってくれるのなら良いが100%税金だ。

しかも、

今年4月からの新しいミス奈良の方は募集時は「ミス奈良募集」って書いてたのにいざ応募して採用されると、

「あなた達はNARA CITY コンシェルジュになりました」なんて言われる訳だ。

そんなの詐欺だろ!と彼女達も思ってるだろう。

チヤホヤされたい目立ちたい女の子達が「ミス」という名前に憧れて応募してるはずなのに。

彼女達のことを思っても聞き捨てならんなと。

ミスと言う名前が性差別に?

ここからは余談だが、

今の性差別に厳しい時代「ミス」という名称が今の時代にそぐわないのも1つの変更理由なのではないか?と。

「NARA CITY コンシェルジュ」であれば男女どちらでも違和感ないし性差別にうるさい団体から抗議がくることも無いだろう。

もしかすると将来的には男を募集することもあるかも知れない。というか募集しないといけなくなるかも知れない。

まぁ市議会議員がそこまで考えてるとは思えないが…

(どうせ自分の実績を増やしたかっただけだろう…名前が分かれば次の選挙では絶対投票しないのに)