【コスパ抜群】KOHYOの12貫にぎり寿司は最強のバランス型アタッカーだ

筆者は奈良県某所在住の某所育ちのいわゆる海無し県出身海無し県育ちである。火を通して食べる魚は他県と同じで高く無いし食べようと思えばいつでも食べれるが生の魚は高いし新鮮じゃ無いし海辺に住んでる人が食べれるような質だとはとても思わない。しかし、ずっと海無し県に住んでるからこそ幸いにも舌は全く肥えていない。どうしても海あり県に住んでる方が食べているお寿司よりは鮮度が落ちるだろうが海無し県育ちの僕にとっては十分な味である。そう、スーパーで売られているレベルのものでさえだ。

中でも僕はイオン系列のスーパーマーケットKOHYO12貫にぎり寿司が大好きである。

多い時には週3ペースでこの12貫にぎりを食べる。店員に変な名前つけられていないか心配になるほどである。左上から右へ…まぐろ、いか、サーモン、甘エビ、エビ、いくら、いくら貝柱、ネギトロ、たまご、げそ、ハラス、アナゴの計12貫が入っていて580円。ネタのバランスも良いしネタを考えれば値段もかなりお手頃では無いだろうか。

味も週3ペースで食べるほどの味、美味である。とはいえ、あくまでも海無し県育ちの僕の意見である。自信持って海あり県の方に勧めれるかと聞かれたら黙り込んでしまうことだろう。

中でも好きなネタはゲソいくらいくら貝柱だ。

 

▼ゲソ

▼いくら

▼いくら貝柱

ゲソの歯ごたえ、いくらのプチプチ感、貝柱のぷりぷり感が素晴らしい。好きなものは最後に残しておく派なのでいつもこの3貫は最後まで残っている。

あとは定番のサーモンいかまぐろも安定した味を出している。サーモンのとろけるような食感、いかの独特な歯ごたえ、まぐろの噛めば噛むほど出てくる旨味。

この12貫のバランスが全てにおいて素晴らしい。

いかがだっただろうか。

家の近くまたは職場の近くにKOHYOがあるならぜひ買いに行ってみてくれ。

カツ丼とか唐揚げ弁当なんかよりもよっぽど健康的だと思うぜ。

ABOUTこの記事をかいた人

台湾バカの僕(日本人)×音ゲーオタ彼女(台湾人)の二人三脚で運営してます。日本語 × 中国語(繁)の二言語で様々なニュースを世界中にいるこのサイトを識字可能な約20億人に向け発信中。 ※中文翻譯:我女友=台灣人