JR奈良駅前に「祈祷室」があるけど祈祷室って何?

外国人観光客が多い奈良にも祈祷室が設置されています。

祈祷室って言葉、最近ニュース等で耳にする機会が以前よりは増えたかと思いますが皆さま祈祷室って何かご存知ですか?

簡単に説明すると、

イスラム教の方用のお祈り部屋」です。

その祈祷室が設置されているのがJR奈良駅東口を出たところにある奈良市総合観光案内所。

もし奈良在住のイスラム教の方がお祈りする場所が無くて困っていらっしゃったら奈良市総合観光案内所に案内してあげてください。

 

▼案内所館外にある看板にも

▼これが祈祷室の入り口です。

▼中は絨毯がひかれています

▼お祈りする方向(メッカ)を示しています

▼英語で注意書きも書かれています

お祈りをするにあたって

顔、手(腕も含む)、足(膝より下)を水で洗い綺麗にしてからお祈りします。

・奈良市総合観光案内所では

祈祷室利用前に利用者の名前、国名、住所かホテルの名前を書いてもらうそうです。

どこの国の人がよく利用するの?

案内所の方によるとインドネシアとマレーシアの人が多いそう。

他にもUAEやカタール、バングラディッシュの方の利用もあるらしい。

何で観光案内所に祈祷室が作られたの?

こんなこと言いたく無いですが別に需要は無いのです。

でも、

国がイスラムの観光客受け入れにあたって「祈祷室を作れば予算を回す」とか決めたもんだから観光庁が定めるカテゴリー3っていう観光案内所の1番良いランクを目指して県だったり市が運営してる観光案内所に数年前から祈祷室が作られるようになったのです。

あくまで回って来る予算のため。イスラム教徒の為ではありません。

だから本来必要なはずの専用の洗い場(足も洗ったりできるような)も整備されていませんし奈良市総合観光案内所の場合だとトイレで洗わされます。

本場の人に言わせれば本当に簡易的な祈祷室って感じでしょうか。

それでも国がこんなんで良いって言うんだからしょうがないですよね。