【節分】KOHYOのサーモンといくらの海鮮ロール巻が人間をダメにするレベルで美味かった

僕はイオン系列のスーパーマーケット「KOHYO」の常連である。2月3日の節分の日にもいつも通り僕はKOHYOへ向かったのであった。そう、恵方巻を買う為に。恵方巻を買うとは行ってもいわゆる普通の地味な恵方巻は好きでは無い。中のネタが豪華であれば豪華であるほど個人的には好きだ。

っていうか何で節分の日に恵方巻を食べるんだ?

江戸時代〜明治時代に大阪で節分の日に商売繁盛を祈ったりしたのがルーツで当時は恵方巻という名前では無く「丸かぶり寿司」と呼ばれており恵方巻と呼ばれるようになったのは1989年に大手コンビニが「恵方巻」という名で売り出したのがきっかけだそう。

1989年って結構最近だな。僕も生まれてないじゃ無いか。歴史あるようで歴史が無い。

それはそうと…

今回僕がKOHYOで購入した恵方巻(これを恵方巻と呼んで良いのかは分からない)が美味すぎたのでご紹介させていただきたい。

サーモンといくらの海鮮ロール巻 980円

これがもうなんというかとにかくめちゃくちゃうまかったんだよ。

普通の恵方巻とは違い外側が酢飯でその上に生サーモンといくらが乗っている。

この状態だからさすがに手で持って食べれないしカットされてるんだろうなと勝手に思ってたらカットされてないんよ。

身近に包丁も無かったしお箸でぶっ刺して口の周りをベトベトに汚しながら食べることになるとは思わなかったが…

それを含めても最高に美味かった。

この恵方巻の中身は「エビ、海苔、卵、ツナ、レタス、マヨネーズ、きゅうり」と中身は普通の恵方巻とあまり変わりは無いですが外側のサーモンといくらが破壊力抜群。

例えるなら玉手箱って感じでしょうか。

美味すぎてこの量を10分もかからず完食!

こんな美味いものが節分の日にしか買えないなんて残念でならない!

毎日売ってくれたら3日に1回は買うけどなぁ…。

皆さんは節分の日何をお召し上がりになられましたか?

来年はぜひ今回ご紹介した恵方巻を食べていただきたい。