【御即位記念】第71回正倉院展は2019年10月26日〜11月14日の20日間開催されます

奈良と言えば奈良公園!鹿!大仏!…

その次ぐらいにくるのが毎年秋に奈良国立博物館博物館で開催される正倉院展。

正倉院に貯蔵されていた貴重なものが見られる奈良の一大イベントとあって開催期間中は全国から多くの観光客が奈良に来られます。

奈良国立博物館より2019年5月17日に令和初の正倉院展の日程が発表されました。

2019年令和初の正倉院展は「御即位記念第71回正倉院展」と名付けられ、

開催期間は2019年10月26日〜11月14日となりました。

令和初の正倉院展だけあって例年以上の来館が予想され館内は大混雑することでしょう。

その上、今回は即位を記念し例年より3日長い20日間開催されます。

主な展示物としては…

鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)が20年ぶりに6扇出陳されたり、金銀平文琴(きんぎんひょうもんきん)も同じく20年ぶりに出陳されます。

【速報!】開館時間前売り券発売日観覧料金については → コチラ ← をご覧ください。

奈良国立博物館詳細情報

住所 〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50

TEL 050-5542-8600

営業時間(通常時) 9時30分~17時00分

定休日(通常時) 月曜日(例外多々あり)

拝観料(通常時) 時と場合による

博物館へのアクセス

近鉄奈良駅から東へ真っ直ぐ徒歩15分

または

JR奈良駅東口2番バス乗り場より市内循環(外回り)バス乗車、「氷室神社・奈良国立博物館」下車

ABOUTこの記事をかいた人

台湾好きの僕(日本人)×やる気ないけどお金持ちになりたい彼女の小梅(台湾人)の二人三脚で運営してます。日本語 × 中国語(繁)の二言語で様々なニュースを世界中にいるこのサイトを識字可能な約20億人に向け発信中。※中文翻譯:還在就學貸款地獄中努力還債的小台勞