【松屋】復刻?新作?「お肉たっぷり新作焼き牛めし」が温泉卵との相性抜群で激ウマ

あと20日ちょっとで平成が終わる今、「平成最後の…」と言われたら絶対食べないと!絶対見ないと!絶対買わないと!っていう気持ちになる筆者です。

今回紹介する松屋の4月2日に発売開始されたお肉たっぷり新作焼き牛めしの宣伝文句もそう。

#平成最後の春企画」という宣伝文句に合わせて販売されています。

その宣伝文句に食いついた筆者は早速松屋へGO!

テイクアウトしてきましたよー。

▼白ご飯の上に肉と温泉卵をのせて…

▼温泉卵を割って…

▼(筆者の好みである)紅生姜をふりかけて…

▼いっただきますー!

▼肉1枚1枚がデカイデカイ!

価格は550円。

昨年6月に開催された松屋復刻メニュー総選挙2018のスピンオフ企画であるTwitter松屋ボツメニュー裏総選挙で1位になった「焼き牛めし」、一部店舗にて発売してたこのメニューを肉を増量して全国発売されたのがこのお肉たっぷり新作焼き牛めしなんです。なのである意味では復刻だしある意味では新作ですね。

一口食べると焼かれたお肉の旨味はもちろん甘辛いタレとの相性、温泉卵との相性も抜群で最高の味を出しています。でも、甘辛いタレっていうのはこれ専用のオリジナルではなくてもともと販売されているネギたっぷり旨辛ネギたま牛めしに使われているものと恐らく全く同じものなので「あれっこの味どっかで食べたことあるなぁ」ってなる方も多いのではないかと思います。

とはいえ、普通の牛めしにそのタレがかかった状態と今回の焼かれた肉にそのタレがかかっている状態っていうのはまた全然違うものになっているのでネギ玉牛めしを召し上がられたことがあるかたにもぜひ食べていただきたいと思う一品となっています。

松屋さんへ、令和になっても美味しい新作を出し続けてください!

ごちそうさまでした。

ABOUTこの記事をかいた人

はてなブログやワードプレスで約3年間ブログの研究を重ね2019年1月より本格的にブロガー界へ参入。尚、現在メインの仕事が他にある為、本格的とは言いつつも実質片手間で記事書いてます。